美味しいコーヒーはウォーターサーバーで

水道水は地域によっては強い残留塩素の臭いや、原水由来のカビ臭を感ずることがあり、飲み水としてもコーヒーを入れるにしても、まずい味を味わうことになります。この点ウォーターサーバーであれば、不純物を取り除き塩素などの注入が全く無いので、純粋に水の持ち味を100%味わうことが出来、コーヒーはインスタントでも豆を挽いて抽出する場合でも、そのコーヒーの持つ特徴をそのまま味わうことが出来ます。コーヒー通の人にとっては、コーヒーの持ち味を引か出してくれる飲み方は最高の楽しみ方であり、至福の時間を過ごす事が可能になります。コーヒーの持ち味を最高に引き出してくれる水には、軟水と硬水があり、苦みを好む人は硬度成分(ミネラル)の多い水が良く、マイルドな味を楽しみたい方には軟水が向いており、いずれの水もウォーターサーバーで得る事が可能です。


<温度による味の調整>

ウォーターサーバーであれば熱湯が得られるので、抽出温度によって異なるコーヒーの味は、うまみを出したければ80〜85度のお湯で抽出、苦みを出したい場合は90度程度の温度で抽出すれば、微妙なうまみと苦みの違いを味わうことが可能になります。ウォーターサーバーは常に、90度前後に温度が保たれているので、急な来客があっても慌てることも無く、お客様の好みに合ったコーヒーでおもてなしが出来るのも嬉しいですね。

コメントは受け付けていません。